0

失敗しないウッドデッキの業者選び

ウッドデッキ人気に伴い、ウッドデッキの施行を行う業者の数も増えてきています。
選択肢が増える事はいい事ですが、増えすぎると今度は、どの業者を選べばいいのか分からなくなります。
選んだ業者によって、ウッドデッキ設置にかかるコストも異なりますし、耐久年数も異なります。

コストパフォーマンスが満足出来るウッドデッキの施行業者を選びたい。
そう思っている人のために、失敗しないウッドデッキの施行業者の選び方を紹介します。

まず1番肝心な事は、ウッドデッキ専門業者に依頼する事です。
ウッドデッキの施工の依頼を受けて設置する時点で、どこも専門業者じゃないの?
そんな疑問を持つ人もいるかもしれません。

ですが住宅の業者やリフォームの業者、ガーデニングやインテリアの業者などなど。
これらの業者は、ウッドデッキの専門業者ではありませんが、ウッドデッキの依頼を受けて施工しています。

ですがやはりウッドデッキの専門業者ではないと、ウッドデッキに関する専門的な知識や経験が不足しています。
そのため耐久性という面において、圧倒的に専門業者と差が生じてしまいます。
専門業者かどうかの見分け方は簡単で、保証期間の長さで判断して下さい。

一般的にウッドデッキの耐久年数は10~20年と言われています。
そのため10年保証してくれるところは、耐久性に自信がある専門業者だと言えます。
保証期間が設けられていなかったり、1~2年などの短期間の保証しかされていなかったりする業者は絶対に選ばないようにして下さい。

そしてウッドデッキの設置は、庭のコンディションや住宅の立地条件、お客様の希望などを考慮して行います。そのため既製品ではなく、フルオーダーという形が一般的です。
そしてフルオーダーの場合、本来構造計算を行わなければ、強度や耐久性がしっかりとしたウッドデッキは作れないはずです。

ですが業者の中には、構造計算を行っていない業者も存在します。
見た目では分からないかもしれませんが、構造計算を行わないで作られたウッドデッキは床なりがしたり、たるんだりしてしまいます。
なので、構造計算の有無を確認してみて下さい。

http://sshop.jp/ウッドデッキの塗料とメンテナンス/

あと人によっては、大手の方がより知名度が高くて安心という気持ちがあるかもしれません。
ですが大手の場合、どうしても会社を運営する経費や人件費が発生するので、コストが2~3割高くなります。
個人経営で、材木を輸入業者から直接仕入れている業者は、コストを2~3割抑える事が可能です。

そのため必ずしも業者の規模が大きければいいという訳ではありません。
ウッドデッキの設置にかかる見積もり料金を出してもらう事も業者選びの判断材料になるでしょう。

0

ウッドデッキに屋根を付けるメリットとデメリット

ウッドデッキは、庭などの屋外に設置します。
そのため、雨が降っている日や夏の炎天下では、利用しづらいと言えます。
ですが、ウッドデッキに屋根をつける事で、外に出ても濡れなかったり、直射日光を遮ったりする事が可能になります。

ではウッドデッキに屋根をつけるメリットとデメリットについて紹介します。
まずウッドデッキに屋根をつける事で、雨や雪がかからなくなります。
雨の日でもウッドデッキに出る事が可能になりますし、何よりウッドデッキが濡れないという事は非常に大きなメリットだと言えます。

なぜかというと、ウッドデッキは材木で作られています。
材木は耐久性の高いモノが選ばれていますが、それでも水に濡れると腐りやすくなってしまいます。
なので、ウッドデッキに屋根をつける事で、ウッドデッキが濡れるのを防ぎ、耐久年数を伸ばす事が出来るでしょう。

また夏場は日射しが強いと温度が上昇し、ウッドデッキで何か作業をするのは難しいと言えます。
ですが、屋根をつける事で強い日差しから遮る事が出来、ウッドデッキでビールを飲んだり、BBQを楽しんだりする事が出来ます。

ウッドデッキに屋根をつける事で、耐久性の高める以外にも、目隠しの効果も期待出来ます。
ウッドデッキを設置する際に、周囲の目が気にならないところに設置したくても、スペースの都合上難しいケースもあります。
そんな時は屋根を取りつける事で、問題が解決します。

では次に、ウッドデッキを設置する事で、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ウッドデッキの魅力と言えば、開放感を味わう事が出来る事です。
また広々とした空間で、庭を有効活用する事が出来ますよね。

ですが屋根をつける事で、開放感が薄れてしまいますし、またウッドデッキが狭く感じられます。
そして夏場は強い日差しから遮ってくれる事がメリットになりますが、逆に冬は日射しを遮られてしまいます。
そのため体感温度は余計に寒く感じるでしょう。

他にもウッドデッキに屋根を設置する事で、ウッドデッキの掃除の際に、屋根の掃除も加わります。
屋根の掃除は大変ですし、素材によっては汚れが目立ってしまいます。

また屋根の上に雪が積もると重さに耐え切れずに、屋根が壊れてしまう可能性があります。
天候で言えば台風の日も危険で、激しい風には耐え切れず、壊れてしまう可能性があります。
あと屋根をつけるのに、コストが発生します。
依頼した業者によってコストは異なりますが、5万円前後かかると想定しておきましょう。

ウッドデッキに屋根を付ける場合、事前にメリットとデメリットをよく理解してから付けるようにして下さい。