ウッドデッキに屋根を付けるメリットとデメリット

ウッドデッキは、庭などの屋外に設置します。
そのため、雨が降っている日や夏の炎天下では、利用しづらいと言えます。
ですが、ウッドデッキに屋根をつける事で、外に出ても濡れなかったり、直射日光を遮ったりする事が可能になります。

ではウッドデッキに屋根をつけるメリットとデメリットについて紹介します。
まずウッドデッキに屋根をつける事で、雨や雪がかからなくなります。
雨の日でもウッドデッキに出る事が可能になりますし、何よりウッドデッキが濡れないという事は非常に大きなメリットだと言えます。

なぜかというと、ウッドデッキは材木で作られています。
材木は耐久性の高いモノが選ばれていますが、それでも水に濡れると腐りやすくなってしまいます。
なので、ウッドデッキに屋根をつける事で、ウッドデッキが濡れるのを防ぎ、耐久年数を伸ばす事が出来るでしょう。

また夏場は日射しが強いと温度が上昇し、ウッドデッキで何か作業をするのは難しいと言えます。
ですが、屋根をつける事で強い日差しから遮る事が出来、ウッドデッキでビールを飲んだり、BBQを楽しんだりする事が出来ます。

ウッドデッキに屋根をつける事で、耐久性の高める以外にも、目隠しの効果も期待出来ます。
ウッドデッキを設置する際に、周囲の目が気にならないところに設置したくても、スペースの都合上難しいケースもあります。
そんな時は屋根を取りつける事で、問題が解決します。

では次に、ウッドデッキを設置する事で、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ウッドデッキの魅力と言えば、開放感を味わう事が出来る事です。
また広々とした空間で、庭を有効活用する事が出来ますよね。

ですが屋根をつける事で、開放感が薄れてしまいますし、またウッドデッキが狭く感じられます。
そして夏場は強い日差しから遮ってくれる事がメリットになりますが、逆に冬は日射しを遮られてしまいます。
そのため体感温度は余計に寒く感じるでしょう。

他にもウッドデッキに屋根を設置する事で、ウッドデッキの掃除の際に、屋根の掃除も加わります。
屋根の掃除は大変ですし、素材によっては汚れが目立ってしまいます。

また屋根の上に雪が積もると重さに耐え切れずに、屋根が壊れてしまう可能性があります。
天候で言えば台風の日も危険で、激しい風には耐え切れず、壊れてしまう可能性があります。
あと屋根をつけるのに、コストが発生します。
依頼した業者によってコストは異なりますが、5万円前後かかると想定しておきましょう。

ウッドデッキに屋根を付ける場合、事前にメリットとデメリットをよく理解してから付けるようにして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA