天然木と人工木どちらがウッドデッキに最適?

ウッドデッキの材木は、天然木と人工木から選ぶ事になります。
では天然木と人工木はどちらがウッドデッキの材木として、優れているのでしょうか?
それぞれの特徴を紹介します。

天然木のハードウッドは、木の線維が非常に細かく硬くて重たい木の事です。
ウリン、イペ、セランガンバツなどがハードウッドの代表的な木として挙げられます。
その特徴は、水にも害虫にも強く、耐久性が高いため、メンテナンスも簡単です。
経年変化により、材木の色が銀白化しますが、腐っている訳ではなく、耐久性は変わりません。

ですが硬いために、加工が難しく、ソフトウッドと比べると材料費が高くつきます。
あと雨の日は、あまり外に出てウッドデッキを利用するという事はないと思います。
ですが万が一雨の日に、外に出る場合は、ウッドデッキは濡れると非常に滑りやすいので注意して下さい。

最近は天然木として、ハードウッド以外にもクッションウッドデッキと呼ばれる材木を使用するケースもあります。
クッションウッドデッキって何?と思う人もいるかもしれません。

これは天然木をウッドデッキに使用しやすい状態に加工した木です。
有害物質を含まない防腐剤を注入し、ウッドチップレンガや枕木を使用します。
特殊な施工法で作られているので、耐久性が高く、しかも濡れても滑りにくいという特徴があります。
ただし、耐久性を伸ばすためには、メンテナンスとして塗装が必要となります。

次に人工木の特徴について紹介します。
人工木とは言葉通り、人工的に作られた材木の事で、ポリプロピレンと木粉を混ぜ合わせたモノです。
人工木は、水に強く、湿気を吸わないので天然木のように腐る事がありません。
また白アリなどの害虫に合う被害もありません。

天然木の場合は、経年劣化で木の表面にささくれが生じてしまい、素足や手でウッドデッキを触るペットや小さい子供が使用するのが危険になってしまいます。
ですが人工木なら、ささくれが生じる事もありません。天然木と比べると変色や変形する事もなく、ウッドデッキの設置時から変化が少ないと言えます。

そしてハードウッドとは違って、耐久性はあるのに、切断や穴あけといった加工も簡単です。
デメリットとしては、雨に濡れると滑りやすく、熱を吸収しやすい素材のため、夏はかなり表面温度が上昇してしまいます。
では結局、天然木と人工木のどちらがウッドデッキに適しているの?

そう思う人もいるかもしれませんが、判断するのはウッドデッキの専門業者ではなくあなた自身です。
それぞれの特徴を踏まえた上で、どちらに魅力を感じるかで、材木選びをするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA